2006年09月17日

飲酒運転撲滅? ─試される虚衆国家の自浄力─

あの凄惨な幼児“殺傷”交通事故が起きた翌朝、わたしはたまたま出張で福岡に出向いていた。

地元の特報ニュースとして、あの悲劇が報じられるのに偶然立ち会った。

たしかに、飲酒運転は犯罪だ。と同時に、虚衆なら(まったく下戸の人でない限り)誰もが誘引されやすい“日常に潜んだ落とし穴”でもある。

ちょっとくらい良いだろう。なあに、見つかりゃしないさ。誰だってコッソリやってることだ……等々。
ついつい、こうした発想に流されること自体が、当コラムで繰り返し主張してきた『現代日本人の精神に巣食った“虚衆の気の弛(ゆる)み”』そのものである。

ひとたび凄惨な事例が報道されれば、一億国民が右倣えのごとく「飲酒運転はけしからん」と言う。そんな反省ならサルにだって出来る。要は、長続きしない。忘却が激しい。その虚衆らの致命的欠陥に、今回どれほどのメスが入れられるか?

個人的には、あまり期待できないと思う。50年かけて弛み続けてきた怠けグセが、急に数カ月で引き締まるとは、とうてい思えない。

“国民病”たる飲酒運転は、10年や20年で減らないだろう。

では30年や50年で是正できるのか、どうなのか。今こそまさに、腐りかけた虚衆国家の(最初で最後の?)自主自浄力が試されている……。
posted by 想定ペンギン舎 at 00:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23868623

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。