2006年04月13日

アランが「イランはウランを選んでおらん」とカラんできた!?

とまあ、本記事のタイトルは当世早口コトバ?といったところか。たわいもない語呂遊び、と勘弁願いたい。

 > 挑発的言動の続くイランに関するCNN報道

虚衆の世では言った者勝ち、などと言う。声量の大きな者が、理詰めでかかるべきミーティングの議事をも左右させてしまう。野次や怒号が飛び交うわれらが国会における審議は、そうした理路整然とした討論に慣れない国民性の反映でもあるか。

話をはじめのイランに戻すが、ひところは『イラク情勢』などと(日本では自衛隊派遣の是非も絡んで)騒がしかったメディアの関心も、今やすっかり『イラン情勢』である。“勝ち組”軍事超大国アメリカの一元的世界支配はどこまで助長されるのか。北朝鮮、イランとこの理不尽なパワー・バランスに公然と食ってかかる過激な小国の名乗り出てはつぶされ、また次々と名乗り出ること名乗り出ること…

こういう冷戦以後の、ある意味、地球規模の単純な弱肉強食の構図が、現代日本の虚衆らの虚無感を繁茂させる苗床になっている。それは激化する一方の宗教摩擦や国際的な近隣憎悪の連鎖、地下深く先鋭化するテロリズムにも共通する要因だ。

誰かが圧倒的に勝っていることを前提とした『敗者同士のガマン比べ』による“平等感”は、常に相互監視足の引っ張り合い、それに魔女狩り暴力非暴力のリンチ社会を生む。それはもう不健康きわまりなく、ただただやりきれないものだ。まして、その積もる辛さを緩和すべく?“嫌敗”市民の関心を、このときとばかりに《国境》や《愛国心》に振り向けようとする政治は野蛮に過ぎ、「お下劣」だとしか言いようがない。
posted by 想定ペンギン舎 at 20:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 序説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16536886

この記事へのトラックバック

CNNの試聴時間を稼ぐには
Excerpt: CNNの視聴契約はしたものの, 見ている時間がない・・・・そんなアナタへのアドバイス。
Weblog: TOEICハイスコアラーの英語
Tracked: 2006-04-19 09:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。