2006年02月26日

故事:イナバウアーの白ウサギ

昔々、あるところにフィギュアスケートの得意な白ウサギの娘がいました。ある日、彼女がトリノの大きな競技会を渡ろうとすると、彼女の足元をすくって演技をダメにしてやろうと、たくさんのキンチョウザメたちが岸辺に寄ってきました。

「ナニしにきた、小娘。白ウサギなんか気取りやがって」サメの1匹が言いました「この大会は黄色いアジアの豚どもが渡るところじゃないぞ」
白ウサギは言いました「わたしは他の白ウサギさんを押しのけにきたんじゃありません。向こうに渡りたいだけなの。でもわたしの力でメダルの岸にたどりつくには、あと10メートル足りないわ。助けてくれる?」
「ナンだって? 今の聞いたかよ兄弟?」別のサメが仲間に言いました「このウサギさん、助けてほしいんだとさ」
キンチョウザメたちの嘲笑(ちょうしょう)が、いっせいに白いスケートリンクにこだましました。
「豚にしては実力のほどをわきまえてるらしいから、場合によっては渡らせてやってもいい」やがて、頭領らしき1番大きなサメが言いました「足りない10メートルはオレさまの背中を渡れ。ただし、条件がある」
「それはナンなの? キンチョウザメさん」白ウサギは素直に聞き返しました。
「オレさまの背中では“目立つ”な!」サメは吐き捨てるように答えました「…それだけだ。オレさまのデリケートな背中を痛めるような渡りかたをしたら絶対に許さん。ジャンプやスピンなんてもっての他だ。少しでも得点を稼ごうなんて気を起こしたら、きさまはズデンと転んでトリノの底に沈む」
白ウサギは少し考え、やがってニッコリとほほえみ、言いました。
「ワカったわ。わたし、あなたの背中を傷つけない」

次の日、競技の順番が彼女に回ってきました。

スケートリンクには(観客や審査員には見えませんでしたが)きのうのキンチョウザメたちがあらわれ、彼女のためにお互いに連なって、背中の行列で長い長い“橋”をつくりました。
白ウサギはその様子を見届けると、サメたちの背中の上を滑りながら余裕の表情で演技をしました。ジャンプも決まり、エッジワークもカンペキ。見ていた観客からはやんやの喝采(かっさい)です。

後半、いよいよ頭領の大ザメの背中を渡るところに差しかかりました。彼女はそこを滑るとき、約束どおり、評価されることのないイナバウアーを演じました。彼の背中を傷つけるどころか、反り返らせた上体からリンクに伸ばした両手で、背中についたエッジの跡(あと)を軽くなでて行ったのです。
「サメさん、ありがとう」白ウサギは心の中でお礼を言いました「たとえこれでメダルは取れなくても、最後まで渡らせてくれてありがとう!」

彼女は大ザメの背中を滑りきると、ウレしさのあまり3回続けて見事なジャンプをしました。無事、メダルの岸に渡りついたときには、場内から割れんばかりの歓声と拍手。この白ウサギだけが、大きな失敗もなしに、トリノを渡りきったからです。次々に渡ろうとする他の白ウサギたちは、イナバウアーなんて評価の低い技は最初からバカにして試そうともしていませんでした。どのウサギも高得点ばかりを欲張って、結局、キンチョウザメたちに一瞬のスキを突かれ、食べられてしまいました。それだけに、彼女の優雅なイナバウアーが逆に(得点にはなりませんでしたが)その日の演技のなかで1番“目立って”いたのでした。

こうして白ウサギは、オソロしいキンチョウザメたちに1度も襲われることなく、世界で1番上手にトリノを渡ることができました。審査の結果が、金メダルだったことは言うまでもありません。めでたしめでたし。
posted by 想定ペンギン舎 at 15:08| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(3) | 雑言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
想定ペンギンさん、拙ブログへのトラックバックありがとうございます! 「イナバウアーの白ウサギ」、楽しませていただきました♪
Posted by 川西由樹子 at 2006年02月27日 00:06
こんばんわ。
TBありがとうございました。
TB返しさせていただきますね。
Posted by 京香 at 2006年02月27日 01:03
こちらこそTB願いまして光栄です。トリノは荒川とカーリングで持ちきりの大会になりましたね。男性陣が精彩を欠いたのは、ちょっと残念。4年後に夢見たいものです。
Posted by 想定 at 2006年02月28日 17:38
想定ペンギン様
当方の記事へのTB,コメント有難うございます。
タイトルが偶然同じ「イナバウアーの白ウサギ」になりましたが、こちらの記事は故事を踏まえておられ凝っていて、楽しく拝見致しました。
荒川選手は日本人ながら色白で手足も長いので、そうした事もプラス評価になったのかも知れませんね。
何にしても見事な、そして美しい演技でした。
Posted by home-9 at 2006年03月01日 10:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イナバウアー
Excerpt: いやいやいや。 【イナバウアー】てのは、てっきり出場選手の名前だと思っていたよ。 「今回の金メダルは意外とイナバウアーあたりが取るんじゃないかと思ってるんだよねぇ」などと、知ったかぶりをして知人に..
Weblog: 徒然ナル暮ラシ向キ。
Tracked: 2006-02-27 01:03

荒川の橋懸(はしがかり)
Excerpt: 3月3日15時20分更新の毎日新聞記事に,オリジナルは上体を反らさないので,金メダルを機に「アラカワ・イナバウアー」とか「アラカワスペシャル」と命名してはとの声も出始めたとありました.「アラバウアー」..
Weblog: jasjeHP新着情報
Tracked: 2006-03-07 18:24

荒川静香「イナバウアー」
Excerpt: あと何日、開催までを指折り数えるトリノオリンピック。 私は20年来氷上の芸術、スケートを一番の楽しみにしている。 息がとまりそうなほど張り詰めた緊張感、滑り出すと弾ける躍動感、 とても人間業とは..
Weblog: さがみの日記
Tracked: 2006-03-16 21:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。