2006年04月28日

おかえりなさい

検察の“想定外”な事態によって、かの虚業家、今夜保釈。

心より「歓迎」する。あなたはこの世界の翳(かげ)だ。いかに世間が『虚ろ』と蔑(さげす)もうと、あなたは存在すべくして存在した。その意味を矮小化したり、軽んじたりすべきではない。

かくも風評の読み方に優れていたあなただ。“出所”して先ず一番にしたことは、インターネットへのアクセスであったろうと推察する。美味い飯を食わす料亭か愛人の元へ一目散…などと下卑たゴシップネタを煽る向きもあったが、さあ、果たしてそうか。風評を巧みに操る異才は、とどのつまり、風評の巣であるバーチャルスペースに還(かえ)るしかない──というのが、本コラム著者の一貫した持論である。

かくして、新世代の虚衆らの拠り所でもある【ネット】が、疲れ果てたあなたの(驚天動地の?)拘留生活をねぎらうのだ──おかえりなさい。
posted by 想定ペンギン舎 at 01:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

アランが「イランはウランを選んでおらん」とカラんできた!?

とまあ、本記事のタイトルは当世早口コトバ?といったところか。たわいもない語呂遊び、と勘弁願いたい。

 > 挑発的言動の続くイランに関するCNN報道

虚衆の世では言った者勝ち、などと言う。声量の大きな者が、理詰めでかかるべきミーティングの議事をも左右させてしまう。野次や怒号が飛び交うわれらが国会における審議は、そうした理路整然とした討論に慣れない国民性の反映でもあるか。

話をはじめのイランに戻すが、ひところは『イラク情勢』などと(日本では自衛隊派遣の是非も絡んで)騒がしかったメディアの関心も、今やすっかり『イラン情勢』である。“勝ち組”軍事超大国アメリカの一元的世界支配はどこまで助長されるのか。北朝鮮、イランとこの理不尽なパワー・バランスに公然と食ってかかる過激な小国の名乗り出てはつぶされ、また次々と名乗り出ること名乗り出ること…

こういう冷戦以後の、ある意味、地球規模の単純な弱肉強食の構図が、現代日本の虚衆らの虚無感を繁茂させる苗床になっている。それは激化する一方の宗教摩擦や国際的な近隣憎悪の連鎖、地下深く先鋭化するテロリズムにも共通する要因だ。

誰かが圧倒的に勝っていることを前提とした『敗者同士のガマン比べ』による“平等感”は、常に相互監視足の引っ張り合い、それに魔女狩り暴力非暴力のリンチ社会を生む。それはもう不健康きわまりなく、ただただやりきれないものだ。まして、その積もる辛さを緩和すべく?“嫌敗”市民の関心を、このときとばかりに《国境》や《愛国心》に振り向けようとする政治は野蛮に過ぎ、「お下劣」だとしか言いようがない。
posted by 想定ペンギン舎 at 20:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 序説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

いったい【コスト】の意味がワカっているのか

あいかわらず、実に馬鹿げた不祥事ばかりがニッポン社会のあちこちで頻発している。

そんななか、長引く『メール疑惑問題』を受けてようやく民主党“若手”執行部の総退陣が決まった。与党打倒のアドバルーンを高く上げようと焦るあまり、本来欠かしてはいけない党内倫理インフラの拡充に手を抜いた(あるいは軽視した)責任は重大だ。

話は変わるがスカイマークという航空会社。旅客機の整備不良がたて続けに明るみになり、物議をかもしている。十分な整備スタッフを社内で雇用することなく、安易に外注による“コスト”削減で経営の効率化を図ったツケだとも言われている。こういう根本的なマンパワー面の余裕の無さが、結局は取り返しのつかない結果をひき起こすことは、ナニもJR西日本の某脱線事故や、ごく最近の札幌の強度偽装マンション事件を引き合いに出すまでもなく、何度も何度も“立証”され続けてきたことである。

それでもなぜ、スカイマークに限らず経営者は手を抜くのか。民主党執行部に限らず、管理者は手を抜くのか?──そのあたりをちょっと考えてみた。

すると、近年われわれの生きる社会で『暮らしの質の低下』が指摘されることの裏側に、実はわれわれ自身の『誤ったコスト認識』が深く関わっているのでは?と思えてきたのである。
つまりである…われわれ虚衆には、そもそもコストの意味が本当にワカっているのだろうか? コストとは、費用だ。平たく言えば『生きていくのに必要なおカネ』だ。運営や営業、生活や暮らしに欠かせない出費、それがコストだ。

ところが。

いつどこで勘違い?したのか、虚衆の多くはコストを損失(ロス)と誤認している。『生きていくのを妨げるおカネ』だとアタマから信じきっている。コストこそが売上や生活を邪魔だてする障害なのであり、本来なら要らない出費だ。いかなる聖域もなく徹底的に削るべきだ!と信じて疑わない。

そういう短絡的発想はクレージーだ。どうか捨て去ってほしい。たしかに《不正に水増しされた、あるいは投下のやりかたにムダのある費用》は損失であり、たれ流しを絶つよう(=コストと偽って計上されないよう)最善を尽くすべきである。だが、それ以外の本当のコストは、(その結果得られる利益を考えれば)かかってあたりまえの費用なのであり、減らすことはできない。フツーに考えて減らせないモノである以上、減らしてはならない。

それでも本当のコストを省けば、たいへんなことになる。盲目的な出費カットは必ず(利益や結果の)量か質の目減りを招く。材料費や点検費をケチれば安全が脅かされるのは、その典型だ。さらにその結果としての(起るべくして起きてしまった)人災の発生例に至っては、前述したごとくまさに枚挙(まいきょ)にいとまがない。

だからこそ今われわれは、厳(げん)にコスト適正化に努めるべきなのであって、間違ってもコスト削減の悪魔に踊らされるべきではないのだ。にもかかわらず、ここ何年かの現実は(与党執行部が喧伝(けんでん)する規制緩和?推進策などの“追い風”も手伝って)、コスト敵視の風潮が社会全体を覆(おお)ってしまっているのではないだろうか。

かけるべき手間(コスト)までも省いて、同じだけの成果(利益)を得よう?というのでは、虫が良すぎる。その歪んだコスト認識は、逮捕された虚業家と少しも変わらない。
posted by 想定ペンギン舎 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 序説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。